\ テンマクのディスカウントSALE継続中! /☞ 記事を読む

【おすすめ15選】一酸化炭素チェッカーは日本製を選びたい!冬キャンプの安全対策!

冬のキャンプは魅力的ですが、安全は最優先事項です。特に、テント内でストーブを使用する際は、一酸化炭素中毒のリスクが伴います

この隠れた危険から私たちを守るためには、信頼性の高い一酸化炭素チェッカーが不可欠です。

本記事では、ストーブを使用する時の注意点、一酸化炭素チェッカーの必要性と選び方を解説。その後、日本製センサーを採用したものや評判が良いおすすめの一酸化炭素チェッカーをご紹介!

後半では、チェッカーの正しい使い方についても詳しく説明します。安心して冬のアウトドアを楽しめるように、準備をしましょう。

筆者おすすめはこちら

\ファッションタイムセール!24日23:59まで/
Amazonで見る
\お買い物マラソン!26日01:59まで/
楽天市場で見る

では、詳しく解説していきます。

目次

冬キャンプでストーブを使用する時の注意点

冬キャンプは、雪景色の中でのアウトドアを楽しむ魅力がありますが、その際に欠かせないストーブ。しかし、ストーブ使用時には一酸化炭素の発生に十分な注意が必要です

特に密閉されたテント内での使用は、一酸化炭素中毒のリスクが高まります。

一酸化炭素の発生源は?

一酸化炭素は、燃焼時に酸素が不足すると発生するガスです。キャンプでよく使用されるガスストーブや薪ストーブ、さらには焚き火など、火を使う活動全般がこの一酸化炭素の発生源となります。

特に、風を避けるためにテントやタープの中でストーブを使用する場合、換気が不十分になりがちで、一酸化炭素が蓄積するリスクが高まります

一酸化炭素中毒とは?

一酸化炭素中毒は、このガスを過度に吸入することで起こる健康被害のことを指します。一酸化炭素は無色・無臭で、人の目や鼻では感知することができません。

しかし、体内に取り込まれると、酸素を運ぶ役割を持つヘモグロビンと結合し、酸素の供給が妨げられることで、頭痛、めまい、吐き気などの症状を引き起こします。

重度の中毒になると、意識を失ったり、最悪の場合命に関わることも。下記に一酸化炭素濃度と中毒症状の表を載せておきます、確認しておきましょう。

空気中の一酸化炭素(CO)濃度と中毒症状

CO濃度CO含有空気呼吸時間と症状
200ppm2〜3時間で前頭の軽度の頭痛
400ppm1〜2時間で前頭、悪心、2.5〜3.5時間で後頭痛
800ppm45分で頭痛、めまい、悪心、嘔吐、けいれん、2時間で失神
1600ppm20分で頭痛、めまい、嘔吐、けいれん、2時間で死亡
引用元:一般財団法人_日本ガス石油機器工業会

また酸化炭素の人体への影響を考慮した基準値は、厚生労働省のガイドラインや学会基準(許容濃度)では、空気中の一酸化炭素の濃度を「50ppm」以下に保つことが求められています。

このことから、一酸化炭素チェッカーを選ぶ時には、警報を鳴らす基準が最低でも50ppm以上のものを選ぶようにしましょう。

一酸化炭素チェッカーとは?なぜ必要なのか?

キャンプやアウトドア活動は多くの人々に愛されていますが、その中で安全対策は欠かせません。特に火を使う場面では、一酸化炭素のリスクが伴います

ここでは、そのリスクを回避するための重要なツール、一酸化炭素チェッカーについて詳しく解説します。

一酸化炭素チェッカーとは

一酸化炭素チェッカーは、空間内の一酸化炭素の濃度を検知し、その濃度が安全基準を超えると警告を発する装置です。

この装置は、無色・無臭の一酸化炭素ガスを感知するセンサーを内蔵しており、電池やAC電源で動作します。

一部の高機能なモデルには、ディスプレイが搭載されており、具体的な濃度を数値で表示することも可能です。

なぜ一酸化炭素チェッカーが必要なのか?

一酸化炭素は、燃焼不完全時に発生するガスで、人体にとって非常に有害です。このガスは無色・無臭で、人の五感では感知することができません

しかし、一度体内に取り込まれると、酸素の運搬を妨げるため、中毒症状を引き起こす可能性があります。キャンプやアウトドア活動中、ストーブや焚き火を使用する際には、この一酸化炭素の発生が考えられます。

特に風の少ない日やテント内での使用時には、一酸化炭素が蓄積しやすくなります。このような状況下で、一酸化炭素チェッカーがあれば、早期に危険を察知し、適切な対策を取ることができます。

キャンプを楽しむためにも、ストーブ使用時の安全対策は欠かせません。適切な換気を心掛け、一酸化炭素チェッカーの使用を検討することで、安全なキャンプライフを実現しましょう。

キャンプでの一酸化炭素チェッカーの選び方

キャンプを安全に楽しむためには、一酸化炭素チェッカーの選択が非常に重要です。

ここでは、キャンプでの一酸化炭素チェッカーの選び方について解説していきます。以下は、一酸化炭素チェッカーを選ぶ際に確認すべき重要なポイントです。

一酸化炭素チェッカーの選び方
  • 一酸化炭素ガスの検知センサーは日本製かどうか。
  • CO濃度警報値を50ppmから設定ができるかどうか。
  • 検出された値がちゃんと表示されるかどうか。
  • テント内で高い位置に吊るせるような仕様か。
  • 電源がバッテリー式か、電池式かを確認しておく。

日本製のセンサーの信頼性

出典:Amazon

日本製のセンサーは、品質管理が厳格であることで知られています。一酸化炭素チェッカーを選ぶ際には、製造国を確認し、信頼できるメーカーのものを選ぶことが重要です。

日本製のセンサーは、測定が正確で、長い期間安定した性能を保つことが期待されます。

CO濃度警報値の設定範囲

一酸化炭素チェッカーを選ぶ際には、CO濃度警報値を50ppmから設定できるかどうか、または何ppmから警報がなるかどうかを確認することが大切です。

厚生労働省の基準では、一酸化炭素濃度が50ppm以下を保つことが求められており、この数値から警報が設定できる製品を選ぶことが推奨されます。

検出値の表示機能

検出された一酸化炭素の値がデジタル表示で確認できるモデルを選ぶことで、現在の安全状態を一目で把握することができます

即時に濃度を確認できることで、適切な対応が速やかに行えます。特に夜間や緊急時には、明確な表示が重要になります。

取り付けの柔軟性

テント内などの限られた空間で使用する場合、チェッカーを高い位置に吊るすことができる仕様のものを選ぶことが望ましいです。

一酸化炭素は空気よりもわずかに軽いため、テントの上部に溜まりやすく、ストーブより高い位置にセンサーを設置することで、より正確な検出が可能になります。

CO(一酸化炭素)について

Q:CO(一酸化炭素)は空気より軽いの?
A:ほぼ空気と同じ比重です。ただし、燃焼排ガスのCOは高温度のため軽く、天井付近にたまりやすいです。

引用元:沖縄協同ガス株式会社

電源の種類

一酸化炭素チェッカーは、バッテリー式または電池式の電源を使用するものがあります。バッテリー式の場合は、充電の手間が省けますが、電池式の場合は、電池の交換が必要になります。

使用環境やメンテナンスのしやすさを考慮して、最適な電源タイプを選びましょう。

キャンプでの一酸化炭素チェッカー選びは、安全を守る上で欠かせないポイントです。上記の項目を参考に、自分にとって最適なチェッカーを選んでください

キャンプでおすすめの一酸化炭素チェッカー(日本製含む)

キャンプ中の安全を守るため、信頼できる一酸化炭素チェッカーの選び方が重要です。ここでは、特におすすめの15製品を紹介します。

おすすめで紹介する一酸化炭素チェッカーは、「性能」「評判・口コミ」「日本製センサー採用」などから総合的に判断してピックアップしています。
(※2023年11月4日現時点の情報をもとに、作成しています)

①【NEW】新コスモス電機 アウトドア用一酸化炭素アラーム COALAN(コアラン)

出典:楽天市場

2023年12月に新コスモス電機から登場した「COALAN(コアラン)」は、アウトドア用に開発された一酸化炭素アラームです。

防塵・防滴機能、耐衝撃性、-10~50℃の温度範囲対応と、厳しい自然環境に強い設計。一酸化炭素濃度が高くなると日本語で警告し、安全を守ります

新コスモス電機の実績と信頼性に基づいたこの製品には、簡単な点検方法も付属しており、冬キャンプにおける安全確保のための必携アイテムとなるでしょう。

スクロールできます
商品名アウトドア用一酸化炭素アラーム(CL-715)
本体サイズΦ70mm × 厚さ29mm(突起部を除く)
重量約90g(電池、付属品を除く)
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
25ppm以上100ppm未満を検知かつ検知時間が15分未満:黄LED点滅
25ppm以上100ppm未満を検知かつ検知時間が15分以上:赤LED点滅+音声合成音(70dB以上)
100ppm以上を検知:赤LED点滅+音声合成音(70dB以上
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様カラビナで吊るす
電源の種類単4形アルカリ乾電池(LR03)2本
\ファッションタイムセール!24日23:59まで/
Amazonで見る
\お買い物マラソン!26日01:59まで/
楽天市場で見る

一酸化炭素チェッカー「COALAN(コアラン)」のレビュー記事▼

②PTTech 一酸化炭素チェッカー

「PTTech 一酸化炭素チェッカー」はAmazonおすすめで評判・コスパが良く、日本でも検品を行っており品質面も安心です(※製品は中国製になります)。

この軽量かつコンパクトなデバイスは、単4電池2個で動作し、付属のポーチで簡単に設置可能。赤い警報ランプと大音量の警報音、LCDディスプレイでCOレベルを明確に知らせます

商品名一酸化炭素アラーム
本体サイズ縦62mm × 横62mm × 厚さ28mm
重量本体45g(電池セット時65g)
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
[30ppm-]2時間以上続くと警報音、赤ランプ点滅
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様メッシュポーチに入れて吊るすことが可能
電源の種類アルカリ乾電池(単4×2)

③KIUP 一酸化炭素チェッカー

「KIUP 一酸化炭素チェッカー」は、日本製高感度センサーと日本語音声放送が特徴。コスパも良く、Amazonレビューは4.6点(5点満点)と評判も高くておすすめ

湿度の高い環境でも安定した検知能力を発揮し、秋冬のキャンプに最適。LCDディスプレイと85dBの大音量アラームで、一酸化炭素の危険を明確に知らせます。

軽量でコンパクト、持ち運びや設置が簡単で、アウトドア活動に不可欠なアイテムです。

商品名音声式・一酸化炭素アラーム
本体サイズ幅95mm × 奥行95mm × 厚さ40mm
重量本体80g(電池セット時150g)
日本製センサー<日本製>電気化学式センサー方式
CO濃度アラーム値
※なり始める値
[30ppm-]2時間以上続くと警報音、赤ランプ点滅
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様メッシュポーチに入れて吊るすことが可能
電源の種類アルカリ乾電池(単3×2)

④LIBO ACTIVITY 一酸化炭素チェッカー

「LIBO ACTIVITY 一酸化炭素チェッカー」は、仕事、ホビー、車中泊、アウトドアキャンプに最適なハンディータイプ

日本製センサーによる高精度測定、LCDカラー液晶とバックライトで暗所でも視認性が高い。コンパクトでタフなデザイン、ポケットやバッグに簡単に取り付け可能。

単4電池対応で災害時も安心。アラーム機能付きで、不完全燃焼の危険をすばやくに検知。高機能とスタイリッシュなデザインが融合した、日本企画のモバイルチェッカーです。

商品名一酸化炭素測定器
本体サイズ縦137mm × 横50mm × 厚さ37mm
重量約129g
日本製センサー<日本製>電気化学式COセンサー
CO濃度アラーム値
※なり始める値
0~1000ppmの範囲で設定可能
検出値の表示機能LCDカラー液晶
取り付けの仕様背面クリップで取り付け
電源の種類アルカリ乾電池(単4×3)

少々お高いですが、日本製センサー搭載、また警報がなり始める閾値を設定できるすぐれものです!

⑤沢田テント 一酸化炭素チェッカー

「沢田テント 一酸化炭素チェッカー」は、10万台以上の販売実績を誇る信頼性の高いメーカー(CO2測定器シリーズの販売実績より)です。

色と数値、アラームでCO濃度を直感的に把握でき、マグネット背面とカラビナストラップで設置も自由自在。オシャレなアースカラーデザインはアウトドアにもぴったり。

0~500ppmの広範囲測定で、スヌーズ機能付きアラームが安全を守ります。1000mAhリチウムイオン電池で最大100時間の連続使用が可能。さらに温度と湿度も測定でき、年間を通して役立つ優れものです。

商品名一酸化炭素チェッカー
本体サイズ縦76mm × 横70mm × 厚さ30mm
重量約100g
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
25~125ppmの範囲で設定可能
(初期設定50ppm)
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様<上部>ストラップ(カラビナ付き)
<裏面>マグネット
電源の種類3.7V/1000mAh(リチウムイオン)

こちらの商品は1万超えてしまいますが、高性能で分かりやすいです。お値段がちょっとという方は次で紹介するOEM商品(と思われる)をご検討ください

\ファッションタイムセール!24日23:59まで/
Amazonで見る
\お買い物マラソン!26日01:59まで/
楽天市場で見る

‎⑥MVOWIZON 一酸化炭素測定器(‎PTH-10D)

「MVOWIZON 一酸化炭素測定器(PTH-10D)」は、先進のNDIR方式を採用し、一酸化炭素だけでなく温度と湿度も同時に測定可能。

高感度センサーでリアルタイムの環境監視が行え、大画面カラー表示で一目瞭然。Type-C急速充電で約100時間の長時間使用が可能。省電力モード搭載で、より長く使えます。

個人設定可能な警報値と警告表示色で安全を確保。家庭、オフィス、アウトドアなど幅広いシーンで活躍。

スペック・外観が「④沢田テント 一酸化炭素チェッカー」とそっくりのため、OEM製品である可能性が非常に高いです。性能は同じと思われるため、こちらの方がコスパが良いです。

商品名一酸化炭素チェッカー
本体サイズ縦76mm × 横70mm × 厚さ30mm
重量約103g(※筆者実測)
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
25~125ppmの範囲で設定可能
(初期設定50ppm)
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様<上部>ストラップ(カラビナ付き)
<裏面>マグネット
電源の種類3.7V/1000mAh(リチウムイオン)

このチェッカーは、温湿度計もあり表示が見やすいです。アラーム値を自分で設定できる点もGOOD!今ならAmazonで10%OFFクーポンでお得に買えます!(※現時点2023年11月11日の情報)

⑦MVOWIZON 一酸化炭素測定器(‎‎D6)

「MVOWIZON 一酸化炭素測定器(D6)」は、高性能と自動校正機能を備えたコンパクトなチェッカーです。

NDIR方式で一酸化炭素、湿度、温度をリアルタイムに測定し、2秒ごとのリフレッシュレートで環境の変化を即座にキャッチ。

0-1000ppmの広範囲なCO濃度測定が可能で、大画面カラー表示で一目で状況を把握。内蔵の1000mAhバッテリーは約14時間の連続使用が可能

警告表示色とアラーム機能で、環境の安全をしっかり監視します。家庭やオフィス、アウトドアにも最適なデバイスです。

商品名一酸化炭素チェッカー
本体サイズ縦85mm × 横50mm × 厚さ20mm
重量約70g
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
51~100 ppm(黄)(警報)
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様<上部>ストラップ取り付け
電源の種類1000mAhバッテリー

⑧VSTN 一酸化炭素チェッカー

「VSTN 一酸化炭素チェッカー」は、キャンプや車中泊など、燃焼器具を使用するシーンに最適。業界初の日本語音声案内と大画面ディスプレイで、警報と数値が明確に理解できます。

手動で音声警報をオン・オフできる機能も搭載。単4電池3本で動作するため、どこでも簡単に使用できます。

持ち運びに便利なストラップやメッシュ袋、カラビナも付属しており、テントの上部に吊り下げることで、一酸化炭素の蓄積を検知します。

商品名音声式・一酸化炭素警報器
本体サイズ縦95mm × 横95mm × 厚さ25mm
重量約100g
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
50ppmが60分続いた場合
警報音、赤ランプ点滅、日本語音声放送
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様①本体にストラップを取り付けて吊るす
②メッシュ袋に入れて吊るす
③①+カラビナ、②+カラビナで吊るす
電源の種類乾電池(単4×3)

⑨BOSEAN 一酸化炭素測定器(K-100A)

「BOSEAN 一酸化炭素測定器(K-100A)」は、高い精度と信頼性を備えたポータブルデバイスです。

この高性能センサーは、リアルタイムでCOガス濃度を検出し、音、光、振動の三重警報システムで迅速に環境変化を知らせます。

上下限の警報値設定機能と履歴アラームデータ表示機能を搭載し、データストレージも可能。大容量1500mAhリチウム電池を内蔵し、10時間以上の連続作業が可能です。

商品名一酸化炭素測定器(K-100A)
本体サイズ縦109mm × 横60mm × 厚さ30mm
重量約130g
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
50ppm~(初期設定)
警報(音、光、振動)
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様バッククリップ付き
電源の種類3.7V/1500mAh(リチウム電池)

⑩BOSEAN 一酸化炭素測定器(ポータブル)

「BOSEAN 一酸化炭素測定器(ポータブル)」は、高精度なCOセンサーを内蔵し、リアルタイムで環境中の一酸化炭素濃度を正確に測定します。

このコンパクトなデバイスは、CR 2032ボタンリチウム電池を使用し、250日以上の長期間使用が可能で、頻繁な充電の手間を省きます。

3つの警報レベル設定により、ガス濃度が基準を超えた際に適時警告を発します。暖房器具の使用時、家庭内、車内、オフィス、アウトドアなど、さまざまなシーンで使用可能。

商品名一酸化炭素測定器(ポータブル)
本体サイズ縦71mm × 横49mm × 厚さ18mm
重量約43.3g
日本製センサー記載なし
CO濃度アラーム値
※なり始める値
[25-49ppm] 60S後 ⇒ 警報音、赤ランプ点滅
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様ストラップで吊るす
電源の種類CR 2032×2(ボタンリチウム電池)

⑪Cam.G Mini 一酸化炭素チェッカー

「Cam.G Mini 一酸化炭素チェッカー」は、冬のキャンプや車中泊に最適なアイテムです。日本製センサーを搭載し、半径5~10m以内の一酸化炭素を正確に感知。

一酸化炭素濃度が危険なレベルに達すると、警報音で即座に知らせます。フル充電で約48時間稼働し、非常ベル機能も付いているため、非常時にも役立ちます。

軽量で持ち運びやすく、オートキャンプやバックパッキングなど、あらゆるアウトドアシーンでの安全を守ります。

商品名Cam.G Mini
本体サイズ縦92mm × 横65mm × 厚さ29mm
重量約50g
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
50ppm~を検知して90分以内
検出値の表示機能ディスプレイ有り
取り付けの仕様ストラップ+カラビナで吊るす
電源の種類3.7V/880mAh
\ファッションタイムセール!24日23:59まで/
Amazonで見る
\お買い物マラソン!26日01:59まで/
楽天市場で見る

⑫OUTBEAR  一酸化炭素チェッカー【日本製センサー搭載】

「OUTBEAR 一酸化炭素チェッカー​​」は、日本製の高性能センサーを搭載し、キャンプや車中泊での一酸化炭素中毒のリスクを軽減。

小型で軽量なデザインは、テントやランタンフックに簡単に吊り下げ可能で、アウトドアシーンに溶け込むスタイリッシュな外観を持っています。

電池式で9ヶ月間持続するため、USB充電の不安がなく、いつでもどこでも使用できる特徴があります。

日本企業が企画開発・販売・サポートを行っている点も、安心できるポイントです。

商品名一酸化炭素チェッカー
本体サイズ縦76mm × 横49mm × 厚さ14.7mm
重量約50.8g(電池含む)
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
200~299ppm:赤ランプの点滅
300~399ppm:赤ランプの点滅+ブザー
400ppm~:赤ランプ点滅早+ブザー早
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様カラビナストラップで吊るす
電源の種類CR2032×2個
\ファッションタイムセール!24日23:59まで/
Amazonで見る
\お買い物マラソン!26日01:59まで/
楽天市場で見る

⑬DOD キャンプ用一酸化炭素チェッカー2(CG1-559-BK)

「DODのキャンプ用一酸化炭素チェッカー2(CG1-559-BK)」は、高品質な日本製センサーを採用し、湿度の高い環境でも安定した検知を実現

電気化学式センサーにより、一酸化炭素濃度を迅速かつ正確に測定します。コンパクトサイズで持ち運びやすく、カラビナストラップ付きでテントに簡単に取り付け可能。

LCDディスプレイで濃度レベルや電池残量が一目で確認でき、操作も簡単です。キャンプ中の最高濃度記録機能も搭載し、次回のキャンプの安全対策に役立ちます。

商品名キャンプ用一酸化炭素チェッカー2
本体サイズ縦72mm × 横46mm × 厚さ15mm
重量約65g
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
200~299ppm:点滅
300~399ppm:点滅+アラーム遅
400ppm~:点滅+アラーム早
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様カラビナストラップで吊るす
電源の種類CR2032×2個

⑭ワークマン 一酸化炭素テスター(WTK-01)

「ワークマン 一酸化炭素テスター(WTK-01)」は、高品質な日本製センサーによるリアルタイム測定で、一酸化炭素の危険を迅速に察知。

光と音の3段階アラームで警告レベルを明確に示します。電池残量表示機能も搭載し、交換時期が一目で分かり、簡単に交換可能です。操作は1ボタンで直感的に行え、最高値表示機能も便利。

コンパクトサイズでカラビナ付き、耐久性の高いアルミフレームを採用しており、どんなアウトドアシーンにも最適です

商品名一酸化炭素テスター(WTK-01)
本体サイズ縦76mm × 横49mm × 厚さ15mm
重量約60g(電池込み)
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
200~299ppm:検知ライト点滅
300~399ppm:検知ライト点滅+アラーム
400ppm~:検知ライト点滅(早)+アラーム(連続)
検出値の表示機能LCDディスプレイ
取り付けの仕様カラビナで吊るす
電源の種類CR2032×2個

⑮新コスモス電機 プラシオ 一酸化炭素検知機能付き火災警報器(SC-735)

「新コスモス電機 プラシオ SC-735」は、住宅用の一酸化炭素検知機能を備えた火災警報器で、非常に信頼性が高い機器になります。

一酸化炭素(CO)濃度が100ppmに達すると、CO注意報で迅速に警告。但し止める時は一定濃度以下にならないと警報がとまらないので注意が必要です。

総務省の厳しい基準に基づく認証を受けており、性能や信頼性が高い機器が欲しい方におすすめ

商品名一酸化炭素検知機能付き火災警報器(SC-735)
本体サイズ縦75mm × 横75mm × 厚さ52mm
重量約145g(電池込み)
日本製センサー日本製センサーを搭載
CO濃度アラーム値
※なり始める値
100ppmを検知すると、CO注意報でおしらせ
検出値の表示機能表示なし
取り付けの仕様引っ掛け穴を利用して取り付け
電源の種類DC3V/300mA(専用リチウム電池)

住宅用で信頼性は高いのですが、もしCO注意報がなった場合、警報停止スイッチでは止めることはできないので注意です(一定濃度以下にならないと警報は停止しない)。

一酸化炭素チェッカーの正しい使い方

キャンプは自然を満喫する楽しいアクティビティですが、安全対策も欠かせません。特に、焚き火やストーブを使用する際には、一酸化炭素のリスクが伴います

このリスクを最小限に抑えるために、一酸化炭素チェッカーの正しい使い方を知ることが重要です。

一酸化炭素チェッカーの設置場所

キャンプ時には、テントやタープの中が一酸化炭素の蓄積場所となりやすいです。チェッカーは、テントの入口や中央部、または寝袋の近くに設置することがおすすめです。

一酸化炭素は上昇する性質を持つため、テントの中ほどの高さに取り付けると、より正確に濃度を検知することができます。

また、焚き火やストーブの近くにも一つ設置すると、発生源からの一酸化炭素を迅速にキャッチできます。

一酸化炭素チェッカーの使用上の注意点

キャンプ中の一酸化炭素チェッカーの使用には、いくつかの注意点があります。まず、電池の残量を常にチェックし、長期のキャンプの前には新しい電池に交換することが必要です。

また、チェッカーが警報を発した場合は、ただちに火源を消し、テントやタープを十分に換気してください。その後、安全を確認するまで火を使わないようにしましょう。

まとめ | 一酸化炭素チェッカーで冬キャンプをご安全に!

冬のキャンプは、雪景色や冷たい空気の中での暖かい焚き火が魅力的ですが、その裏には一酸化炭素のリスクが潜んでいます

キャンプを安全に楽しむためには、一酸化炭素チェッカーの使用は欠かせません。特に日本製の製品は、その信頼性と精度で多くのキャンパーから支持を受けています。

冬キャンプでストーブを使用する際には、ぜひ一酸化炭素チェッカーを持参し、安全なアウトドアライフを楽しんでください。

以上となります。皆さんが良いアウトドアライフを過ごせますように!

【テンマクデザイン】セール開催中!

テント・タープをお得に揃えたい方必見!
テンマクデザインの人気サーカステントやタープ・シェルターなど衝撃プライス!
お得にテント・タープを揃えたい方、下記記事をチェックしてみてください。

HAGOOGI(ハゴオギ)  キャンプ 扇風機
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次