\ テンマクのディスカウントSALE継続中! /☞ 記事を読む

【ゴールゼロはなぜ人気なのか?】ロングセラーの魅力を徹底解説!

ゴールゼロ ランタンは「なぜ人気があるの?」
ゴールゼロ ランタンの評判・口コミが知りたい!
ゴールゼロ ランタンの使い方・収納ケースを教えて!

「ゴールゼロ」のLEDランタンが、なぜ多くのアウトドアファンの中で高い人気を誇るのか、その魅力について徹底解剖します。

本記事では、ゴールゼロ LEDランタンの特長、メリット、デメリット、評判・口コミ、さらには使い方から収納ケース選びまで、幅広くご紹介します。

また、同種の製品との比較を通じて、ゴールゼロランタンの立ち位置を明確にし、その価値を深く掘り下げます。

この記事を読むことで、ゴールゼロランタンの全貌が明らかになり、あなたにとって最適な選択ができるようになるはずです。

LEDランタンの代名詞!ゴールゼロランタンはこちら

では、詳しく解説していきます。

目次

GOAL ZERO(ゴールゼロ)のLEDランタンとは

ゴールゼロ LEDランタン

GOAL ZERO(ゴールゼロ)のLEDランタンは、アウトドア体験を一新する製品です。

このセクションでは、ゴールゼロとは何か、そのランタンのラインアップ、そしてそれぞれのランタンの仕様や特徴について詳しく説明していきます。

GOAL ZERO(ゴールゼロ)とは?

ゴールゼロとは
出典:UNBY, inc.

GOAL ZERO(ゴールゼロ)は2008年に設立された、アメリカ発のポータブルエネルギーのパイオニアです。

彼らの主力製品には、ポータブルソーラーパネル、ポータブル電源、そして多機能な充電式ランタン(Lighthouse microシリーズ)が含まれています。

米国ユタ州にある自社の研究所で、革新的な製品の開発に取り組んでおり、アウトドア愛好家や非常時の必需品として世界中で高い評価を得ています

ゴールゼロというと、同社のLEDランタンが思い浮かびますが、正確には社名になります

GOAL ZERO(ゴールゼロ)ランタンの種類

ゴールゼロ LEDランタン 種類
出典:ASK Corporation

GOAL ZERO(ゴールゼロ)ランタンのラインアップは、以下のように3種類あります。

ゴールゼロ ランタンマイクロシリーズ3種類
  • Goal Zero LIGHTHOUSE micro
  • Goal Zero LIGHTHOUSE micro FLASH
  • Goal Zero LIGHTHOUSE micro CHARGE

このラインナップの違いは、下表に示すように機能が異なります。防水機能はどれも備わっていますが、懐中電灯・USB給電機能のあり/なし で分かれています。

スクロールできます
機能一覧表Lighthouse
Micro
Lighthouse
Micro Flash
Lighthouse
Micro Charge
外観
点灯モード2パターン3パターン
懐中電灯機能なしあり
USB給電機能なしあり
防水機能PX6 防滴仕様

欲しい機能によって、どの機種がよいか選ぶと良いでしょう。

  • 懐中電灯・USB給電機能はいらないという方 ⇒「Lighthouse Micro」
  • 懐中電灯はいる、USB給電はいらないという方 ⇒「Lighthouse Micro Flash」
  • 懐中電灯・USB給電機能の両方ほしいという方 ⇒「Lighthouse Micro Charge」

GOAL ZERO(ゴールゼロ)ランタンのスペック

ゴールゼロ LEDランタン 化粧箱

ゴールゼロ ランタンマイクロシリーズ3種類のスペックを比較したものを下表に示します(※右に行くほど、機能が増えます)。

基本的な明るさや使用時間は、どのシリーズも同じ。違う点は「Lighthouse Micro Charge」は給電機能が付与された分、本体が大きい・重たい仕様になっています。

スクロールできます
Lighthouse
Micro
Lighthouse
Micro Flash
Lighthouse
Micro Charge
外観
明るさ最大150ルーメン
バッテリー容量9.62Wh(3.7V、2600mAh)
連続使用時間約170時間(※Lowモード)
約7時間(※Hiモード)
本体サイズ約93×37.75mm約112×37.75mm
本体重量68g87g
価格(税込み)販売終了5,280円5,830円

明るさ150ルーメンは、ソロキャンプであれば十分。ランタンハイモードで使っても約7時間持続するので、一泊二日のキャンプには充分な性能を持っています。

USB給電機能はいらないという方はこちら

USB給電機能は欲しいという方はこちら

▼関連記事▼
ゴールゼロ ランタンの定価について詳しく知りたい方はこちら

ゴールゼロ「なぜ人気?」がわかる6つメリット

ゴールゼロ LEDランタン メリット

この章では、GOAL ZERO(ゴールゼロ)のLEDランタンが人気の理由は、以下の6つのメリットに集約されます。メリットは以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます。

①軽量・コンパクトで扱いやすい

ゴールゼロ LEDランタン コンパクト

ゴールゼロのランタンはその小型軽量設計で扱いやすく、ウルトラライトキャンプやデイキャンプに最適です。小さいながらも頑丈で、スタイリッシュなデザインが特徴です。

ウルトラライトキャンプとは、極力軽量でコンパクトなキャンプ道具を使用し、簡素化されたキャンプスタイルを指します。

②必要十分な150ルーメンの明るさ

ゴールゼロ LEDランタン 明るい

150ルーメンはソロキャンプや夜間活動に最適な明るさで、周囲をしっかり照らすことができます。明るさとバッテリー持続力のバランスが取れています

③長時間のバッテリー持続

ゴールゼロ LEDランタン バッテリー長持ち


フル充電後のゴールゼロランタンは、Lowモードで最大170時間、Highモードでも7時間の使用が可能。このため、一泊二日のキャンプはもちろん、モードを調整すればより長い時間持続し、使い勝手が良く安心です。

④高い防水性能で雨降りでも安心

ゴールゼロ LEDランタン 防水性能

IPX6の防水性能により、雨天時でもランタンを安心して使用できます。これにより、あらゆる天候に対応するアウトドア活動が可能になります。

キャンプ場では突然の雨にふられることも。そんな時でも安心してキャンプを楽しめます

⑤手軽に充電できるUSBコネクタ付き

ゴールゼロ LEDランタン USBコネクタ

ゴールゼロのランタンは、充電できるUSBコネクタ付きで、ユーザーは外出先でも容易にデバイスを充電できます

特にアウトドアや旅行時、電源の確保が困難な環境でも、モバイルバッテリーや車のUSBポートなどを利用して充電が可能です。

この手軽さは、長時間のキャンプやハイキング、さらには緊急時の備えにおいても大きなメリットとなります。

⑥カスタムパーツが豊富にある

ゴールゼロ LEDランタン カスタムパーツ

ゴールゼロのランタンは、シェードやグローブなど、様々なカスタム用品が豊富に用意されており、個性的な使い方やデザインを楽しむことができます

ゴールゼロのランタンの人気は、そのコンパクトなサイズ、長持ちするバッテリー、そして防水性能など、キャンプのさまざまなシチュエーションに適応する機能性にあります。

これらの特長が、アウトドアライフにおけるゴールゼロの地位を確固たるものにしていると言えるでしょう。

USB給電機能はいらないという方はこちら

USB給電機能は欲しいという方はこちら

▼関連記事▼
ゴールゼロ カスタムパーツについて詳しく知りたい方はこちら

ゴールゼロのランタンはキャンパーから「なぜ人気」なのか、以上のメリットがその理由です。

「軽量・コンパクト」「十分な明るさで長持ち」「防水性能あり」「カスタムして楽しめる」といったキャンパーが欲しかった機能がギュッと詰ったランタン。

それがゴールゼロのLEDランタンが今もなお売れ続ける魅力であると言えるでしょう。

ゴールゼロ「確認しておきたい」4つのデメリット

ゴールゼロ LEDランタン デメリット

GOAL ZERO(ゴールゼロ)のLEDランタンのデメリットは4つ、購入検討する前に確認しておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

①オン/オフボタンが押しにくい

ゴールゼロ LEDランタン ボタン

ゴールゼロのランタンは、オン/オフボタンが少し固く、押しにくいという点があります。特に、照明を急いで点灯または消灯したい場面では、この固さが不便に感じられることがあります。

しかし、使い続けるうちにこのボタン操作に慣れると、筆者は感じました。実際、操作のコツを掴むと、ボタンの固さはさほど気にならなくなります。

またボタンの誤動作のために、ボタンを少し固くしていると推察しますので、仕方のないことだと考えます。

②色温度が選択できない

ゴールゼロ LEDランタン 色温度


ゴールゼロのランタンにおけるもう一つのデメリットは、色温度の選択肢が限られている点です。

このランタンは、青みがなく自然な温白色の光を放ちます。これは、多くの環境に適応しやすい中間的な色温度で、一般的な使用には十分な光質を提供します。

しかし、このランタンは色温度の調節ができないため、より青白い光や暖かみのある暖色系の光を好むユーザーにとっては、少々不便かもしれません。

たとえば、リラックスした雰囲気を作り出すための暖色系の光や、集中を高めるための青白い光が必要な場合、このランタンはそのニーズを満たすことができません。

この場合、ゴールゼロ用ランタンのアンバーグローブを使用することで、暖色系よりにカスタムすることは可能です。

③フラッシュライト枠の塗装剥がれ

ゴールゼロ LEDランタン 塗装剥がれ

ゴールゼロ LEDランタンのフラッシュライト部分の塗装剥がれは、一部のユーザーからの指摘があるものの、実用上の性能には影響しない軽微な問題です

この外観上の変化は多くのユーザーには気付かれない程度で、実際の使用においては問題視されていないことが多いです。

筆者のゴールゼロ LEDランタンもよく見たら剥げていました。言われて気付くレベルなので、とくに問題ないでしょう。

④価格設定が少し高め

ゴールゼロ LEDランタン 価格

GOAL ZEROのLEDランタンは、市場にある他のメーカーの製品と比較して価格が少し高めですが、その理由は製品の質にあります。

このランタンは、品質、耐久性、そして使いやすいデザインの面で他と一線を画しています。

この価格帯は、長期にわたる耐久性と卓越した性能、快適なデザインを提供することを考えれば、実は非常にコストパフォーマンスが良いのです。

初期投資はやや高いかもしれませんが、その価値は長期間の使用を通じて実感できるでしょう。

GOAL ZERO(ゴールゼロ)の評判・口コミ

ゴールゼロ LEDランタン 評判・口コミ

各ECサイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)でレビューの点数、口コミを確認しました。(※2024年1月7日時点の情報を掲載)

GOAL ZERO(ゴールゼロ)製品は高い人気を誇っており、多くのユーザーから肯定的な評価を受けています。

ECサイト星5つ中の点数
Amazon 4.50(2,349件)
楽天市場 4.46(171件)
Yahoo!ショッピング 4.67(95件)
※Goal Zero Lighthouse micro Flashのレビュー・口コミを確認

良い口コミ・評判

各ECサイトの口コミを紹介!

全体的に良い口コミの方が多いです。参考になる口コミを載せておきます。

満足
キャンパーから評価が高い、人気、とわかっていましたが、購入してみて改めて実感。軽く、小さく、収容スペースを取らず、必要十分な光量とバッテリーの持ち具合と優秀。

出典:Amazon

めっちゃ良い♪
懐中電灯、HIGH、LOWと3wayで、使い勝手が良く、小型でかっこいいし、めっちゃ良い♪
お気に入りのLEDミニランタンです!お洒落可愛い木製のシェードもゲットしました♪

出典:Amazon

充電が手軽なのでいいですね
小さいのにとても明るくて、手軽に充電できます。ちょっと眩しすぎるので、シェードを付けたら明るさも落ち着き、可愛くなりました。キャンプ・車中泊で活躍しそうです。

出典:楽天市場

買って良かった!
やはり本家! 買って良かった!
今までパチもんを使ってましたが、使用時間も本家の方が長く使えますし、本体も熱くなることがありません。安心です。 本家は一回の充電で2回(2泊)は余裕でキャンプに行けます。 パチモン2個買うより本家を一個買った方が絶対いいです!

出典:楽天市場

買って損なし
コンパクトだが十分な明るさがあり、モードによっては電池持ちもかなり良い。 USB端子も付いているので、充電が必要になった時も直に刺せるのでとても便利です。

出典:Yahoo!ショッピング

満足する逸品
ずっと欲しかった一品。 キャンプ沼にハマったら辿り着くランプの一つだと思います。 その小柄な風貌でありながら、他の大きいLEDランプに劣らない照らす力に魅了されます。またカスタマイズギアもたくさん展開されており、オリジナルを追求する方のマストアイテムではないでしょうか。

出典:Yahoo!ショッピング

悪い口コミ・評判

悪い口コミは少数ですがあります。確認しておきたい口コミを載せておきます。

フラッシュライト部分のメッキ剥がれがひどい
商品としてはいい物ですが、新品にも関わらず、ほとんどの確率でフラッシュライト部分のメッキが剥がれています。正規代理店にも問い合わせましたが、生産上仕方がない事との回答。

出典:Amazon

私にとっては残念なものだった
買って2度ほどキャンプで使いやっぱり良いなと思ったのも束の間、何故か点灯しなくなりました。 ネットの情報を調べて同様の症状の対処法を見つけ何とか復旧したと思ったら直ぐダメになり、ちょっと残念な思いをしてしまいました。 ハズレを引いたんでしょうかね。

出典:Yahoo!ショッピング

GOAL ZERO(ゴールゼロ)に関する口コミでは、製品の全体的な品質は高い評価を受けていますが、フラッシュライト部分のメッキ剥がれに関する懸念が見受けられます。

多くのユーザーが、新品購入時にこの問題を経験しており、残念ながら正規代理店からは生産上避けられないとの回答があったようです。購入を検討する際は、この点を考慮することが重要です。

筆者のゴールゼロ LEDランタンも、よく見たらメッキ剥がれがありました。言われたら気になりますが、致命的な欠陥ではないと考えます。

USB給電機能はいらないという方はこちら

USB給電機能は欲しいという方はこちら

GOAL ZERO(ゴールゼロ)の使い方

ゴールゼロ LEDランタン 使い方

このセクションでは、GOAL ZERO(ゴールゼロ)LEDランタンの基本的な使い方、デモモード解除、オン/オフ操作、点灯モード切替、明るさ調整、バッテリー残量確認、充電方法などを説明します。

デモモードの解除方法

箱から出したら、まずデモモードの解除を行いましょう。下記の解除方法①又は②のどちらかで解除可能です。

  • 【解除方法①】使用前に一度充電をおこなう
  • 【解除方法②】オン/オフボタンを5回押し、6回目を長押し

ランタンのON/OFFと点灯モード切替

『ON/OFF』ボタンを1回おすとフラッシュライト(懐中電灯)、2回押すとハイモード、3回押すとローモードに切り替えができます。

STEP
『ON/OFF』ボタンを1回おす

フラッシュライト(懐中電灯)機能

ゴールゼロ LEDランタン フラッシュライト(懐中電灯)機能
STEP
『ON/OFF』ボタンを2回おす

ランタンハイモード機能(明るさは最大)

ゴールゼロ LEDランタン ランタンハイモード機能
STEP
『ON/OFF』ボタンを3回おす

ランタンローモード機能(明るさは最大)

ゴールゼロ LEDランタン ランタンローモード機能
STEP
『ON/OFF』ボタンを4回おす

電源オフ

明るさの調整方法

ゴールゼロ LEDランタン 明るさ調整

フラッシュライト、ランタンのハイモード、またはローモードが点灯している時に、「ON/OFF」ボタンを長押しすることで、明るさを調整することができます

バッテリー残量の確認方法

ゴールゼロ LEDランタン バッテリー残量計

ランタンをオンにすると、本体の上部にあるバッテリー残量計が点灯します。この残量計を通して、バッテリーの残量を25%ごとに確認できます。

充電の仕方

ゴールゼロ LEDランタン 充電の仕方

本体に内蔵されているUSB充電コネクタを回転させて出し、通電しているUSBポートに接続すると、約3.5時間でチャージが完了します。

GOAL ZERO(ゴールゼロ)の収納ケース

ゴールゼロ LEDランタン 収納ケース

GOAL ZERO(ゴールゼロ)ランタン用の収納ケースをお探しですか?ここでは、ランタンの保護と携帯に最適な収納ケースを厳選してご紹介します。

YINKE | ランタンケース【おススメ】

YINKEのランタンケースは、コンパクトなLEDランタンの収納に最適な選択肢です。このケースは、そのコストパフォーマンスの高さで、多くの収納ケースの中でも特におすすめです。

内部はゴムバンドで整理されており、片側に3連、もう片側に2連の仕切りが設けられています。この仕様により、ランタンを安定かつ安全に収納できます。

さらに、このケースはランタンシェードなどのカスタムパーツも一緒に収納するのに便利です。

これにより、ランタンとそのアクセサリーを一箇所にまとめて運ぶことができ、アウトドアやキャンプでの持ち運びが非常に簡単になります。

ゴールゼロのランタン3本+α 収納できます!この収納力で千円はコスパ抜群!

BATOT | Goal Zero用ケース

ゴールゼロ LEDランタン BATOT Goal Zero用ケース
出典:Amazon

BATOTのGoal Zero専用ケースは、ゴールゼロ ランタンはもちろん、小型LEDランタンに最適なランタンケース

内部には便利なゴムバンドがあり、ランタンの安定保管を可能にします。さらに、追加ポケットも備えており、アウトドアガジェットの収納にも使える多機能ケースです。

先ほど紹介した「YINKE | ランタンケース」と同型の収納ケースです。

Thous Winds | LEDランタン 収納ケース

ゴールゼロ LEDランタン Thous Winds LEDランタン 収納ケース
出典:Amazon

Thous WindsのLEDランタン収納ケースは、Thous Winds、Goal Zero、Ledlenser ML4など、さまざまなLEDランタンに適合します。

さらに、小型のスタンドやランタンシェードも収納できる設計になっているため、アウトドアやキャンプでのランタンの持ち運びや保管に最適です。

Vandyke | Goal Zero 専用ケース

VandykeのGoal Zero専用ケースは、専門的に設計された高品質な収納ケースです。ランタンにぴったり合うサイズ感で、無駄なスペースを削減し、持ち運びやすさを実現しています。

ジャストサイズ(1本のみ)の収納ケースを選びたい方におすすめ!

5050WORKSHOP | ORGANIZER CASE ブラック

5050WORKSHOPのORGANIZER CASEは、多機能性を追求した収納ケースです。ブラックカラーのスタイリッシュなデザインで、ランタン以外の小物も整理しやすい内部構造を持っています。

フィフティフィフティワークショップ(5050Workshop)
¥3,390 (2024/02/27 12:21時点 | Amazon調べ)

100均ダイソー | モバイルポーチ・大

100均ダイソーのモバイルポーチ・大は、コストパフォーマンスに優れた収納ケースです。シンプルながらも実用的な設計で、ランタンの保管や持ち運びに便利。予算を抑えたい方におすすめの選択肢です。

各ケースは、GOAL ZEROランタンにぴったりとフィットし、安定した保持力でランタンを守ってくれます。収納ケースもあわせて準備しておきましょう。

ゴールゼロのライバル・類似品との比較

ゴールゼロ LEDランタン ライバル・類似品との比較

ゴールゼロのLEDランタンとその競合他社を徹底比較。レッドレンザー、ミニマライト、ジグ(ゼインアーツ)、スームルームなどとの機能性、デザイン、価格面での違いを紹介します。

ゴールゼロ VS レッドレンザー

ゴールゼロの「Lighthouse Micro Flash」とレッドレンザーの「ML4」は、携帯型LEDランタン市場においてそれぞれ独自の特徴を持つ製品です。

スクロールできます
メーカーゴールゼロレッドレンザー
製品名Lighthouse
Micro Flash
ML4
本体サイズ約93×37.75mm約97mm×29mm
本体重量68g71g(電池含む)
点灯モード
ルーメン(lm) /
点灯時間(h)
<フラッシュ>
120lm / –h
<ハイ>
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h
<ロー>
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
<ブースト>
300lm / —h
<パワー>
150lm / 2.5h
<ミドル>
50lm / 8h
<ロー>
5lm / 45h
充電時間3.5h2.5h
バッテリー容量2600mAh750mAh
防塵・防水IPX6(防滴のみ)IP66
価格(税込み)5,280円5,940円
機能性、デザイン、価格面の違い
  1. 機能性
    ゴールゼロのLighthouse Micro Flashは、最大150lmで7時間、最低20lmで80時間照明可能。バッテリーは2600mAh、IPX6防滴。
    レッドレンザーのML4はブーストで300lm(照射時間の記載なし)、バッテリーは750mAh、IP66防水・防塵。
  2. デザイン
    ・サイズと重さはほぼ同等。両製品ともに持ち運びに便利なコンパクト設計です。
  3. 価格面
    ゴールゼロは5,280円、レッドレンザーは5,940円と、価格面ではレッドレンザーがやや高価ですが、これは防水・防塵性能の違いや、ブーストモード時の高い照明能力を反映していると考えられます。

総じて、ゴールゼロはコストパフォーマンスに優れ、長時間の使用に適しています。一方のレッドレンザーは、より強力な照明と優れた耐久性を重視するユーザー向けです。

照明の明るさと照射範囲の違い

ゴールゼロ VS ミニマライト

ゴールゼロの「Lighthouse Micro Flash」と5050WORKSHOPの「ミニマライト」との比較を行うと、機能性、デザイン、価格面においていくつかの重要な違いが見受けられます。

スクロールできます
メーカーゴールゼロ5050WORKSHOP
製品名Lighthouse
Micro Flash
ミニマライト
本体サイズ約93×37.75mm約123×26.5mm
本体重量68g約107g
点灯モード
ルーメン(lm) /
点灯時間(h)
<フラッシュ>
120lm / –h
<ハイ>
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h
<ロー>
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
<白色>
最大 250lm / 6h
最小 100lm / 10h
<温白色>
最大 200lm / 6h
最小 100lm / 10h
<電球色>
最大 180lm / 6h
最小 80lm / 10h
充電時間3.5h2.5h
バッテリー容量2600mAh2500mAh
防塵・防水IPX6(防滴のみ)IP44
価格(税込み)5,280円3,080円
機能性、デザイン、価格面の違い
  1. 機能性
    ゴールゼロのLighthouse Micro Flashは、最大150lmで7時間、最小20lmで80時間の照明。2600mAhのバッテリー、IPX6防水。
    5050WORKSHOPのミニマライトは、白色で最大250lm/6時間、温白色200lm/6時間、電球色180lm/6時間。2500mAhのバッテリー、IP44防水。
  2. デザイン
    ゴールゼロは約93×37.75mm、重さ68gで、コンパクトな設計が特徴です。
    ミニマライトはやや大きく、約123×26.5mm、重さ約107gです。
  3. 価格面
    ゴールゼロの価格は5,280円で、その性能と品質を考慮すると妥当な設定と言えます。
    ミニマライトは3,080円と、より手頃な価格で提供されており、コストパフォーマンスに優れています。

総じて、ゴールゼロは長時間持続するバッテリーと高い防水性能を持つ高品質なランタンですが、やや高価です。

一方、ミニマライトは色温度の選択肢があり、より手頃な価格で提供されていますが、防水性能はゴールゼロより低いです。

照明の明るさと照射範囲の違い

ゴールゼロ VS ジグ(ゼインアーツ)

ゴールゼロの「Lighthouse Micro Flash」とゼインアーツの「ジグ」との比較では、機能性、デザイン、価格面でいくつかの重要な違いがあります。

スクロールできます
メーカーゴールゼロゼインアーツ
製品名Lighthouse
Micro Flash
ジグ
本体サイズ約93×37.75mm約104×Φ44mm
本体重量68g115g
点灯モード
ルーメン(lm) /
点灯時間(h)
<フラッシュ>
120lm / –h
<ハイ>
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h
<ロー>
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
<4灯>
HI 200lm / 7h
LOW 100lm / 14h
<3灯>
HI 150lm / 10h
LOW 75lm / 20h
<2灯>
HI 100lm / 14h
LOW 50lm / 28h
<1灯>
HI 50lm / 35h
LOW 25lm / 55h
充電時間3.5h3.5h
バッテリー容量2600mAh2480mAh
防塵・防水IPX6(防滴のみ)IPX4
価格(税込み)5,280円5,368円
機能性、デザイン、価格面の違い
  1. 機能性
    ゴールゼロ:最大150lmで7時間、最小20lmで80時間の照明が可能。バッテリー容量は2600mAh、IPX6の防水性能。
    ゼインアーツ ジグ:最大200lmで7時間から、最小25lmで55時間の照明が可能。4つの照明モードがあり、バッテリー容量は2480mAh、IPX4の防水性能。
  2. デザイン
    ゴールゼロは約93×37.75mm、重さ68gで、より小型かつ軽量。
    ゼインアーツ ジグは約104×Φ44mm、重さ115gで、少し大きく重い。
  3. 価格面
    ・ゴールゼロの価格は5,280円。ゼインアーツ ジグは5,368円と、ほぼ同じ価格帯。

総合的に、ゴールゼロはコンパクトで軽量なデザインが特徴で、十分な防水性と高いバッテリー容量を持っています。

一方、ゼインアーツ ジグはより多様な照明モードを提供し、状況に応じた灯りの調整が可能ですが、やや大きく重いです。

価格はほぼ同じであるため、使用状況や好みに応じて選択することが重要です。

照明の明るさと照射範囲の違い

ゴールゼロ VS スームルーム(類似品)


ゴールゼロの「Lighthouse Micro Flash」とスームルームの充電式LEDランタンを比較すると、機能性、デザイン、価格面での違いが見受けられます。

スクロールできます
メーカーゴールゼロスームルーム
製品名Lighthouse
Micro Flash
充電式 LEDランタン
本体サイズ約93×37.75mm約98×38mm
本体重量68g約77g
点灯モード
ルーメン(lm) /
点灯時間(h)
<フラッシュ>
120lm / –h
<ハイ>
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h
<ロー>
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
<懐中電灯モード>
120lm / –h
<ハイ>
最大 150lm / 7h
最小 –lm / –h
<ロー
最大 –lm / –h
最小 –lm / 170h
充電時間3.5h–h
バッテリー容量2600mAh2600mAh
防塵・防水IPX6(防滴のみ)IPX4
価格(税込み)5,280円3,348円
機能性、デザイン、価格面の違い
  1. 機能性
    ゴールゼロ:最大150lmで7時間、最小20lmで80時間の照明が可能。バッテリー容量は2600mAh、IPX6の防水性能。
    スームルーム:同じく最大150lmでの照明が可能だが、最小照明設定や照明持続時間に関する詳細は不明。バッテリー容量も2600mAh、IPX4の防水性能。
  2. デザイン
    ゴールゼロは約93×37.75mmで重さ68g、スームルームは約98×38mmで重さ約77gと、両製品はほぼ同じサイズで、わずかにスームルームの方が重い。
  3. 価格面
    ゴールゼロは5,280円、一方、スームルームは3,348円と、より低価格で提供されています。

総じて、ゴールゼロは高い防水性能を持つ一方で、価格は高めです。

スームルームは価格が手頃でありながら、主要な機能はゴールゼロと似ていますが、防水性能や照明の詳細においては若干の差異があります。

使用シーンや予算に応じて適切な製品を選択することが重要です。

照明の明るさと照射範囲の違い

NeverChange楽天市場店
¥2,790 (2024/03/02 22:18時点 | 楽天市場調べ)

GOAL ZERO(ゴールゼロ)の良くある質問

ゴールゼロ LEDランタン 良くある質問

この章では、GOAL ZERO(ゴールゼロ)の良くある質問について、ご紹介します。

ゴールゼロ LEDランタンの充電方法は?

USB端子を利用して直接充電可能です。

LEDランタンの充電時間の目安は?

約3.5時間(USB充電時)になります。

ゴールゼロのLEDランタンの耐用回数は?

数百回の充電サイクルに耐えることができます。

LEDランタンの防水性能は?

IPX6等級の防水性能を持ちます。

ゴールゼロのLEDランタンはどこで販売していますか?

ゴールゼロ ランタンは、石井スポーツ、秀岳荘、SORA、AZem、アルペンアウトドアーズなどの店舗やAmazon、ヨドバシ・ドット・コムなどのオンラインショップで購入できます。

ゴールゼロのLEDランタンの保証期間は?

購入から1年間、製造上の欠陥や材料の不良に対して保証期間があります。

まとめ | 大人気「 ゴールゼロ」ランタンは最強か

ゴールゼロ LEDランタン 手の中で点灯

ゴールゼロのLEDランタンは軽量でコンパクト、明るさと長時間バッテリー、高い防水性能、USB充電機能、豊富なカスタムパーツでユーザーに高評価です。

一方で、操作性に少し難があるオン/オフボタン、色温度の選択制限、フラッシュライトの塗装剥がれ、やや高めの価格設定などのデメリットも存在します。

しかし、これらのデメリットは、ランタンの全体的な品質や機能に比べれば小さなものであり、ゴールゼロのランタンはその実用性と信頼性で、多くのアウトドア愛好者に支持されています。

競合他社との比較でも、ゴールゼロのランタンはその独自の特長で一歩リードしており、その人気はまさに「最強」と言えるかもしれません。

USB給電機能はいらないという方はこちら

USB給電機能は欲しいという方はこちら

以上となります。皆さんが良いアウトドアライフを過ごせますように!

ゴールゼロ ランタンの関連記事
ゴールゼロ ランタンのライバルたち
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次