\ テンマクのディスカウントSALE継続中! /☞ 記事を読む

【2024】ハイランダーのシェフテーブル+フラットバーナーで究極キッチンを実現!上位モデルの情報も!

Hilander(ハイランダー)からIGT規格のテーブル「シェフテーブル」が登場。フラットバーナーがセット可能で、調理しながら食卓としても使える、料理が楽しくなるテーブルです。

ハイランダーの名作「ウッドロールトップテーブル90」と同じサイズ90cm×60cm(高さ43cm)で、使い勝手がよいサイズに仕上がっています。

天板は取り外し可能なウッド2枚+アルミ or ステンレス4枚で、スノーピークのIGT規格でいうと3ユニット分搭載が可能。いろいろとアレンジが楽しめそうです。

本記事では、ハイランダー「シェフテーブル」の基本情報、特徴、販売情報などをお伝えします。

ハイランダーCHEF TABLE(シェフテーブル) は、過去人気過ぎて予約販売を実施していましたが、今は供給が追い付いてきて、通常販売で購入可能です。(※2024年2月9日現時点の情報)

Hilander 公式ストア 楽天市場店
¥14,980 (2023/11/20 00:48時点 | 楽天市場調べ)
Hilander 公式ストア 楽天市場店
¥14,980 (2023/05/01 19:46時点 | 楽天市場調べ)

▼関連記事▼
フラットバーナーテーブルのまとめ記事はこちら

【2024年2月8日発表】新商品の上位モデルが登場

では詳しく説明します。

目次

ハイランダー「シェフテーブル」の基本情報

ハイランダー「シェフテーブル」の「特徴」「スペック」を説明します。

カラーはロールトップテーブルと同様、ダークブラウンとナチュラルの2色展開です。

シェフテーブルの特徴

出典:Hilander

シェフテーブルにはキャンプの調理テーブルとして使える4つの特徴があります。それぞれ詳しく説明します。

①天板を取り外し可能、自分好みのキッチンへ

中央にある天板『ウッド2枚+ステンレス4枚』は取り外し可能で、フラットバーナーがセットできる仕様です。

カラーがナチュラルの場合は天板4枚はステンレス仕様、ダークブラウンの場合はアルミに黒色塗装(おそらく電着塗装)になります。

ダークブラウンの天板4枚はブラック(アルミ)ナチュラルシルバー(ステンレス)です。

②食卓として使える広い天板サイズ(90cm×60cm)

天板のサイズは幅90cm、奥行60cmと調理をするには十分の広さがあります、ソロからディオキャンプにピッタリのサイズ感です。

取り外し可能な4枚の金属板以外は、バンブー素材で構成されています。木のやわらかいテイストがほしい方にはピッタリなテーブルです。

③ロールトップテーブルとの相性抜群!

ハイランダーの人気商品「ウッドロールトップテーブル90」と同じサイズで設計されており、横並びにして使うことができます。

既に「ウッドロールトップテーブル90」を持ってる方は、追加してファミリーからグループキャンプにも対応が可能。

広々としたテーブルでキャンプが快適に過ごせるでしょう。

④持ち運びしやすいコンパクト収納

出典:Hilander

シェフテーブルは、分解して折りたたむと、持ち運びしやすいコンパクトサイズに。幅78cm×奥行18cm×高さ20cmと収納スペースがかさばらないのが魅力です。

組み立て方法の動画がアップされているので、購入を検討される方はチェックしておきましょう。

▼シェフテーブルの組み立て動画

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次