\ テンマクのディスカウントSALE継続中! /☞ 記事を読む

【SOTOバーナーの決定版】レギュレーターストーブ ST-310の魅力を徹底レビュー!

SOTO ST-310の魅力を徹底解説のサムネイル

SOTOのバーナーST-310が気になる、特徴は?
ST-310のメリット・デメリット・評判を教えて!
ST-310のオプションパーツのことを知りたい!

SOTOのレギュレーターストーブ ST-310は、「安定した火力」と「コンパクト収納」を両立させたバーナーで、キャンプギアをミニマム化にしたいキャンパーにおすすめ

他にも「CB缶が使える」「オプションパーツが豊富」といった魅力がつまったギアであり、長年キャンパーに利用されてきたロングセラーの実績もあります。

ここでは、レギュレーターストーブ ST-310の特徴・メリット・デメリット・評判・口コミ・オプションパーツなどをご紹介します。

ST-310があれば、荷物を減らして、身軽にキャンプや登山を楽しむことができますよ!

ソト(SOTO)
¥6,985 (2024/02/29 21:07時点 | Amazon調べ)
目次

SOTO レギュレーターストーブ ST-310の基本情報

レギュレーターストーブ ST-310の側面

レギュレーターストーブ ST-310の概要、特徴、スペックを説明します。

レギュレーターストーブ ST-310とは?

新富士バーナー株式会社の工場
出典:新富士バーナー

レギュレーターストーブ ST-310は、アウトドア用バーナーなどを製造している「新富士バーナー」が、アウトドアブランド「SOTO(ソト)」の商品として販売しているシングルバーナーです。

カセットボンベ(CB缶)を接続して使用することができるガス式バーナーで取り扱いが簡単。2008年の発売以来、現在も売れ続けるロングセラー商品で、人気の定番モデルになっています。

ST-310の特徴

レギュレーターストーブ ST-310の真上

ST-310の特徴は、寒い環境でも安定した火力を発揮する「マイクロレギュレーター」を搭載。寒い季節でのキャンプでも火力低下がおきにくので、ストレスなく調理が可能。

また折りたたんだ時の収納サイズが「コンパクト」なので、キャンプだけでなく、登山・トレッキングでの持ち運びもラクラクの大きさです。

カセットコンロは大きい、荷物を少なくしたいという方におすすめのバーナーです。

ST-310のスペック

サイズ(使用時)幅166×奥行142×高さ110mm
サイズ(収納時)幅140×奥行 70×高さ110mm
重量362g※点火アシストレバー含む
発熱量 ※12.9kW (2,500kcal/h)
耐荷重5㎏
使用可能鍋サイズ直径19㎝まで
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出

収納サイズは幅140mm×高さ110mmとコンパクト。重量も330gなので待ち運びはラクラクです。

発熱量は目安として、リンナイ 標準バーナーの発熱量「2.97kW(2550kcal/h)※リンナイのカタログ値を抜粋」とほぼ同等なので、一般的な調理であれば困ることはないでしょう。

気を付けておきたいのは耐荷重と使用可能な鍋のサイズです。ある程度のクッカーまでしか対応できないので、ダッチオーブンなどの大きめの鍋で料理を楽しみたい方は気を付けましょう。

ソト(SOTO)
¥6,985 (2024/02/29 21:07時点 | Amazon調べ)

もし大きめの鍋やダッチオーブン、鉄板などを使用したい方は、レギュレーターストーブ フュージョンST-330をおすすめします。ガス缶とバーナー部が分離していて、輻射熱の心配がなく使用可能です。

▼関連記事▼

別注カラーモデルの販売情報

ST-310は別注カラーとして、Amazon限定のモノトーンモデル、ナチュラム限定のサンドベージュモデルがあります。他の人とかぶりたくない方は、販路限定の別注カラーモデルを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazon限定モノトーンモデル

遮熱板と脚(五徳)がシルバーからブラックになったモノトーンモデルです。ブラックギアに統一したい方におすすめ。

ナチュラム限定サンドベージュモデル

遮熱板がサンドベージュ、(五徳)がブラックになった別注モデルです。

SOTO ST-310のメリット

レギュレーターストーブ ST-310を斜めから

レギュレーターストーブ ST-310は、コンパクトな本体でありながら、アウトドアでのガスバーナーとして使える5つのメリットがあります。

SOTO ST-310のメリット
  • 安定した火力で調理が可能
  • 五徳が大きく安定感がある(耐荷重5kg)
  • コンパクト収納
  • オプションパーツが豊富
  • 燃料はCB缶なので入手しやすい

それぞれ詳しく紹介していきます。

①安定した火力で調理が可能

ST-310には「マイクロレギュレーター」が搭載されており、寒い季節(~5℃)でもボンベの冷却による影響を受けることなく、つねに安定した火力で調理することができます

マイクロレギュレーターとは、低温環境によりボンベ内の圧力低下があっても、圧力変化に応じて弁が開閉して、燃焼に適したガス量を調整する部品になります。
この部品により、つねに安定したガス量をバーナーへ送ることが可能になり、安定した火力が得られます

冬などの気温が低い時にも、安心して調理することができます!

②五徳が大きく安定感がある(耐荷重5kg)

ST-310に鍋を乗せている

バーナーを支える脚をひらくと、外径130mm(内径47mm)の大きい五徳に変身。ロック機構があるので、ガタツキもなく安定感があります

耐荷重は5kgまでなので、ダッチオーブンなどの重たい鍋は不向きですが、ソロ~デュオ向けサイズのクッカー(直径19cmまで)は問題なく使えます。

鍋の直径が20cm以上のものでは、輻射熱でボンベ(CB缶)が熱くなり破裂する危険があるので、注意が必要です。
輻射熱を防ぐ「遮熱テーブル」「遮熱板」を準備しましょう。

③コンパクト収納

ST-310を手の上に乗せている

脚(兼五徳)を折りたたむと、コンパクトサイズ(幅140×奥行70×高さ110mm)になります。手のサイズとほぼ同じ大きさで、かさばらないのが魅力です。

キャンプに人気のカセットコンロ「タフマルJr」と比較すると、収納サイズはかなり違います。荷物を減らしたい方は迷わずST-310の方をおすすめします。

スクロールできます
SOTO ST-310イワタニ タフマルJr
サイズ(収納時)幅140×奥行70×高さ110mm幅286×奥行193×高さ122mm
重量330g約1600g

収納サイズも重量も、レギュレーターストーブ ST-310の方が圧勝です。

④オプションパーツが豊富

レギュレーターストーブ ST-310のオプション製品の紹介
出典:新富士バーナー

オプションパーツがたくさん販売されていますので、拡張して楽しんだり、デメリット(輻射熱や風の影響を受けやすい)を補ったりすることが可能です。

他メーカーからも「カッコいい・おしゃれ」なオプションパーツが販売されているので、自分にあったパーツを見つけてカスタマイズできる魅力があります。

SOTOのオプションパーツ

レギュレーターストーブ ST-310のオプション製品

SOTO純正のオプションパーツは、テーブル・風防・アシストレバー・アシストグリップ・収納ケースなど、多くのパーツが販売されています。

詳しくは関連記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

他メーカーのオプションパーツ

他のメーカーからも、テーブル・五徳・風防・アシストレバー・ノブなどが多数販売されています。

詳しくは関連記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

⑤燃料はCB缶なのでOD缶よりも安い

レギュレーターストーブ ST-310とSOTOのCB缶

ST-310は燃料にCB缶を採用しています。他にはOD缶がありますが、比較するとCB缶の方が安く揃えることができます。

SOTOのガスボンベ(ST-700)が購入できる場所は、スポーツ用品店やアウトドア専門店で購入することが可能

他メーカーのカセットボンベ(CB缶)の使用については、実質的に可能ですが、メーカーは推奨しておりません。あくまで他メーカーのボンベを使うのであれば、自己責任になりますので注意してください。

SOTO ST-310のデメリット

Demeritの文字が書かれたイラスト

ST-310の残念な点は、下記の3つあります。

SOTO ST-310のデメリット
  • 点火スイッチが押しづらい
  • 五徳(脚)が熱くなる
  • 鍋が大きいと、輻射熱が心配

それぞれ詳しく紹介していきます。

①点火スイッチが押しづらい

ST-310の点火スイッチを押そうとしている

ST-310の点火スイッチは、本体の奥の方にあり、ボタンが小さいので押しにくい位置にあります。覗き込んで押す必要があるので、少々面倒くさいです。

対策としては、別売りオプション品の「点火アシストレバー」を取り付ければ改善されます。

②五徳(脚)が熱くなる

レギュレーターストーブ ST-310の使用後はやけど注意

調理に使用した後では、ゴトクが熱くなるのでヤケドをする恐れがあります。ゴトク兼脚になっているので、誤って触れないように注意が必要です。

この対策としては、「アシストグリップ」を取り付ければ解消できます。熱による机へのダメージも軽減できるので、実施しておきたい対策です。

▼アシストグリップ+点火アシストレバーのセットがおすすめ

③鍋が大きいと、輻射熱が心配

熱した鍋から輻射熱が出るイメージ

大きいサイズのクッカーを使用すると、輻射熱がCB缶(カセットボンベ)に伝わり、最悪の場合は爆発する危険性があるので注意してください。

この対策としては、「遮熱テーブル」を使用すれば、CB缶(カセットボンベ)に熱が伝わりにくくなるので安心です。

ここで紹介した純正オプションパーツをまとめた関連記事がありますので、興味のある方は読んでみてください。

SOTO ST-310の評判・口コミ

評判・口コミを表すイラスト

各ECサイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)でレビューの点数、口コミを確認しました。(※2023年3月11日時点の情報を掲載)

レビューの点数は4.5点以上で優秀、口コミも皆さん製品の特長を期待して購入して、満足されている感じに見受けました。

ECサイト星5つ中の点数
Amazon4.70(5,807件)
楽天市場4.68(626件)
Yahoo!ショッピング4.69(999件)

使い勝手が良い
直径20㎝程度までのフライパンなど問題なく使えます
カップ麺などのお湯を沸かすには最適。
冬キャンではレギュレーター搭載のバーナーはありがたいです。

引用元:Amazon

キャンプ使用なら使い勝手問題無し‼︎
キャンプでの使用なら問題無し。チューブ付き一択で良いんじゃないかな。畳むと小さくなるが、冷めるまでグローブないと触れないよ、熱くて。使い勝手は問題無し

引用元:Amazon

ソロキャンプに使っています
カセットガス使用なのが経済的コンパクトに収納出来るのでリュックの外ポケットに入れています。買って良かったです。

引用元:楽天市場

アシストセットと同時に購入しました。
キャンプで湯沸かし等に大活躍、コンパクトで火力が強くて、びっくり。
アシストセットは、調理中でも安心して火加減調整ができます。調理後の五徳もシリコンがあるので、火傷しないで済みます。同時購入がお奨めです。

引用元:楽天市場

安定のメーカー
今まではカセットコンロを持ち運んでたんですが、気温の低いスキー場などでは火力が安定しなくて、お湯を沸かすのが時間がかかり過ぎるくらいでしたが、このメーカーは寒さなど関係なく火力を維持してくれるので、買って良かったと思える商品でした!

引用元:Yahoo!ショッピング

スタイルが気に入りました。
脚が熱くなるみたいなので、シリコンゴム付けたり、熱除けを買ったり、風よけの風防をつけたりして楽しんでます。何より嬉しいのは、CB缶のガスなのでたくさん使ってもガス代が助かります。普段はキャンプ用で使用してますが、コンパクトに畳めるのでいざというときの為に備えておいてもいいです。

引用元:Yahoo!ショッピング

ほとんどの口コミは良いコメントばかりで、悪いコメントは極少数でした。

良いコメント、残念なコメントをまとめますと、以下の通りです。

【良いコメント】
直径20㎝程度までクッカーは問題なく使える。
使い勝手は問題なし
コンパクトで火力が強い
寒さに関係なく火力を維持してくれる
CB缶なのでガス代が助かる
コンパクトにたためる

【残念なコメント】
熱くて、冷めるまでグローブないと触れない
弱火でじっくり焼いたりできない
点火作業がしにくい

SOTO ST-310の使い方

ST-310の組み立て方、点火する方法を説明します。難しくないので一度覚えてしまえば、次からはスムーズ組み立てが可能です。

コンパクトなバーナーが展開されていくギミック感は、いつもワクワクします。

STEP
遮熱板を上げる

遮熱板をボンベホルダーの上まで回転させる。

STEP
脚(五徳)を開く

4本の足をロックされる位置まで開く。ロックされていることを確認。

STEP
器具栓つまみ閉を確認する

つまみを向かって右方向に回らなくなるまで回す。

レギュレーターストーブST-310、器具栓つまみを回そうとしている
STEP
CB缶をセットする

CB缶を本体ガイドに合わせて差し込み、押し付けながら右方向に回す。

STEP
点火する

器具栓つまみを左方向に回す(約1.5~2回転)と「プシュー」とガスの出る音がします。

音が出たら点火スイッチを押して点火を確認します。

STEP
火力を調整する

炎を確認しながら、つまみを回して調整する。

左回り:火力強、右回り:火力弱

STEP
消火する

消火はつまみを右方向に回しきれば消火します。

SOTO ST-310の使用上の注意点

注意マークが書かれたイラスト

ST-310には、安全に使う上で注意しておきたい点が3つあります。

・輻射熱の大きいクッカーは使用しない
・使用後は熱いのでやけどに注意
・接続部のゴム部品が劣化していく

輻射熱の大きいクッカーは使用しない

取扱説明書の警告、輻射熱の大きい調理器具の使用厳禁
出典:取扱説明書

セラミック付の焼き網、大きい鉄板など、輻射熱の大きいクッカーはボンベを過熱させ、さいあく爆発などのおそれがあります。輻射熱には注意して使用しましょう。

輻射熱の大きいクッカーは使用しないでください。

使用後は熱いのでやけどに注意

取扱説明書の警告、やけどに注意
出典:取扱説明書

使用後でも五徳やバーナー部が熱くなっているので、気を付けましょう。とくに五徳はアシストグリップで保護している箇所は良いのですが、他の金属がむき出しになっている部分は「やけどに注意」です。

また小さいお子さんがいるファミリーキャンパーの方も注意です。お子さんが誤って触れないように、気を付けてあげてください。

接続部のゴム部品が劣化していく

取扱説明書の注意、製品の経年劣化
出典:取扱説明書

レギュレーターストーブとガスボンベ(CB缶)の接続部には、ゴム部品が使用されています。ゴムの反発力を利用して接続部からガスが漏れない仕組みになっています。

ゴム部品は使用頻度によらず、ほかっておくだけで劣化していくので注意が必要です。メーカーは10年を目安に買い替えを推奨しています。

SOTO ST-310に関するQ&A

レギュレーターストーブ ST-310に関して、よくある質問をまとめています。

SOTOのバーナーにイワタニのガスボンベは使用できますか?

自己責任になりますが、使用は可能です。メーカー以外のガスボンベを使用する場合、品質および補償の対象外となります。

『基本的には非推奨、使うのであれば、あくまでも自己責任で』になります。

カセットボンベ(CB缶)の使用時間は?

CB缶(ST-760)1本の燃焼時間の目安として、レギュレータストーブ ST-310 2.9kW(2,500kcal/h)のバーナーの場合、約1.5時間です。

まとめ | ST-310 はSOTOバーナーの決定版!

本記事では、レギュレーターストーブ ST-310の特徴・メリット・デメリット・評判・口コミ・オプションパーツについてお伝えしました。

ST-310のメリット・デメリットをおさらいします。

メリットデメリット
安定した火力で調理が可能
五徳が大きく安定感がある
コンパクト収納
オプションパーツが豊富
燃料はCB缶なので入手しやすい
点火スイッチが押しづらい
五徳(脚)が熱くなる
鍋が大きいと、輻射熱が心配

デメリットはオプションパーツを使えば、解消できることも説明しました。

カスタマイズすれば、愛着もわいてきますよ!

レギュレーターストーブ ST-310の良いところは、荷物が減るだけではなく、自分だけのバーナーに仕上げる楽しみがあります。ぜひ自分好みのギアでキャンプライフを楽しみましょう。

ソト(SOTO)
¥6,985 (2024/02/29 21:07時点 | Amazon調べ)

以上になります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次