\ テンマクのディスカウントSALE継続中! /☞ 記事を読む

【SOTO ST-340】レギュレーターストーブ Rangeを徹底レビュー!カスタムする方法もご紹介

SOTO レギュレーターストーブ ST-340の特徴は?
SOTOのバーナーST-340のメリットや注意点を教えて!
ST-340のオプション・カスタムパーツのことを知りたい!

「SOTO レギュレーターストーブ Range(レンジ)ST-340」は2022年発売の新型シングルバーナー。

ロングセラーであるST-310のよいところを継承して、中型の調理器具に合うように火口が広くなったことが特徴。他にも点火アシストレバーが標準装備といった点も改良されています。

ここでは、SOTO ST-340の特徴・メリット・注意点オプション・カスタムパーツをご紹介!

ST-340の魅力が分かり、ご自分にあうバーナーかどうか判断できるように、詳しく説明していきます。

ST-310も完成度の高いバーナーですが、ST-340もおすすめ。2台持ちでツーバーナーとして使う手もアリですよ!

目次

【SOTO ST-340】レギュレーターストーブ Rangeとは

レギュレーターストーブ ST-340は、アウトドア用バーナーなどを製造している「新富士バーナー」が、アウトドアブランド「SOTO(ソト)」の商品として、2022年に発売したシングルバーナーです。

カセットボンベ(CB缶)を接続して使用することができるガス式バーナーで取り扱いが簡単です。

ST-340の特徴(ST-310からの改良点)

ここではレギュレーターストーブ ST-310からの改良点を中心に、ST-340の特徴を説明します。

・中型調理器具に適した火口サイズ
・点火アシストレバーが標準装備に
火力が3.3kW(2,800kcal/h)へアップ

それぞれ詳しく説明していきます。

中型調理器具に適した火口サイズ

出典:新富士バーナー

直径66mmの火口で、ミドルサイズのクッカーでも均等に加熱できるように改良されている点が特徴です。

ST-310とST-340の使い分け
  • ソロ向けの小型の調理器具:ST-310
  • デュオからファミリー向けの中型の調理器具:ST-340

次にミドルサイズのクッカー(鍋底径Φ14cm)を使用して、ST-340とST-310の炎の広がり方を確認しました。

ST-340は炎がクッカーの外側まで広がっているのに対して、ST-310は中央に集中していることがわかります。

ミドルサイズのクッカー(鍋底の直径がΦ11~19cmのもの)を使いたい、使っている方は、ST-340の方をおすすめします。

点火アシストレバーが標準装備に

左:ST-340、右:ST-310

ST-310では付いていなかった点火アシストレバーが、ST-340では標準装備に。このレバーが付くことで、点火スイッチのボタンが小さく押しづらいといった点が解消できます。

ST-310では定番のオプション品だったので、標準装備になったことはうれしい点です。

火力が3.3kW(2,800kcal/h)へアップ

発熱量がST-310と比べると、2.9kW(2,500kcal/h)から3.3kW(2,800kcal/h)へパワーアップ。火口径を大きくした恩恵だと考えますが、ST-340の発熱量はST-310から約14%火力がアップしています。

基本スペック

スクロールできます
サイズ(使用時)幅166×奥行142×高さ110mm
サイズ(収納時)幅140×奥行 70×高さ110mm
重量360g(本体のみ)
発熱量 ※13.3kW (2,800kcal/h)
耐荷重5㎏
使用可能鍋サイズ直径19㎝まで
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出

バーナーの収納サイズは幅140mm×高さ110mmとコンパクトで、重量も360gと軽量ですので持ち運びに便利です。

リンナイの標準バーナーの発熱量「2.97kW(2550kcal/h)※リンナイのカタログ値を抜粋」とほぼ同等なので、一般的な調理においては十分な発熱量を発揮します。

ただし、調理器具の耐荷重と使用可能な鍋のサイズには注意が必要です。推奨されたクッカーのサイズは直径19cmまでなので、大きめの鍋、例えばダッチオーブンなどで料理を楽しみたい方はご注意ください。

【SOTO ST-340】レギュレーターストーブのメリット

レギュレーターストーブ ST-340は、コンパクトで軽量なシングルバーナーです。この製品には、アウトドアでの使用に適した5つの優れた特徴があります。

SOTO ST-340のメリット
  • 気温に左右されない、安定した火力
  • 大きな五徳で安定感がある(耐荷重5kg)
  • コンパクト収納で持ち運びラクラク
  • オプションパーツが豊富
  • 燃料はCB缶なので入手しやすい

それぞれ詳しく紹介していきます。

①気温に左右されない、安定した火力

ST-340には「マイクロレギュレーター」が搭載されており、低い気温(~5℃)でもボンベの冷却による影響を受けることなく、つねに安定した火力で調理することが可能

マイクロレギュレーターとは、低温環境によりボンベ内の圧力低下があっても、圧力変化に応じて弁が開閉して、燃焼に適したガス量を調整する部品になります。
この部品により、つねに安定したガス量をバーナーへ送ることが可能になり、安定した火力が得られます

冬などの気温が低い時にも、安心して調理することが可能です!

②大きな五徳で安定感がある(耐荷重5kg)

ST-340は、バーナーを支える脚を広げることで、外径130mm(内径47mm)の大きな五徳に変身します。この五徳は、ロック機構が付いているため、ガタツキがなく非常に安定感があります

ただし、耐荷重は5kgまでとなっているため、ダッチオーブンなどの重たい鍋を使う場合は不向きです。しかし、クッカー(直径19cmまで)などのソロ~デュオ向けサイズの鍋ならば問題なく使えます。

鍋の直径が20cm以上のものでは、輻射熱でボンベ(CB缶)が熱くなり破裂する危険があるので、注意が必要です。
輻射熱を防ぐ「遮熱テーブル」「遮熱板」を準備しましょう。

③コンパクト収納で持ち運びラクラク

ST-340は、脚(兼五徳)を折りたたむと、コンパクトなサイズ(幅140×奥行70×高さ110mm)になります。手のサイズとほぼ同じ大きさで、かさばらずに持ち運びが簡単なのが魅力です。

キャンプで人気のカセットコンロ「タフマルJr」と比較すると、収納サイズはかなり異なります。荷物を減らしたい方には、ST-340がおすすめです。

ST-340は、コンパクトなサイズでありながら、必要な機能がしっかりと備わっているため、アウトドアでの調理に最適なシングルバーナーです。

スクロールできます
SOTO ST-340イワタニ タフマルJr
サイズ(収納時)幅140×奥行70×高さ110mm幅286×奥行193×高さ122mm
重量360g約1600g

収納サイズも重量も、レギュレーターストーブ ST-340の方が圧勝です。

④オプションパーツが充実している

ST-340が対応するオプションパーツは、ST-310ほど多くはないですが、用意されています。拡張して楽しんだり、デメリット(輻射熱や風の影響を受けやすい)を補ったりすることが可能です。

出典:新富士バーナー

レギュレーターストーブ オプション製品で「ウインドスクリーン」「溶岩石プレート」は、ST-340では使えないので注意。

他メーカーからも「カッコいい・おしゃれ」なオプションパーツが販売されているので、自分にあったパーツを見つけてカスタマイズできる魅力があります。

SOTOのオプションパーツ

レギュレーターストーブ ST-310のオプション製品

SOTO純正のオプションパーツは、テーブル・風防・アシストレバー・アシストグリップ・収納ケースなど、多くのパーツが販売されています。

詳しくは関連記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

缶なのでOD缶よりも安い

ST-340は燃料にCB缶を採用しています。他にはOD缶がありますが、比較するとCB缶の方が安く揃えることができます。

SOTOのガスボンベ(ST-700)が購入できる場所は、スポーツ用品店やアウトドア専門店で購入することが可能

他メーカーのカセットボンベ(CB缶)の使用については、実質的に可能ですが、メーカーは推奨しておりません。あくまで他メーカーのボンベを使うのであれば、自己責任になりますので注意してください。

【SOTO ST-340】レギュレーターストーブのデメリット

ST-340の残念な点は、下記の3つあります。それぞれオプション品などで対策ができます、この点もあわせて説明します。

SOTO ST-340のデメリット
  • 五徳(脚)が熱くなる
  • 鍋が大きいと、輻射熱が心配
  • 調理器具が滑りやすい

それぞれ詳しく紹介していきます。

残念な点①五徳(脚)が熱くなる

レギュレーターストーブ ST-310の使用後はやけど注意

調理に使用した後では、ゴトクが熱くなるのでヤケドをする恐れがあるので、誤って触れないように注意が必要です。

この対策としては、「アシストグリップ」を取り付けることで、この問題を解消することができます。熱による机へのダメージも軽減できるので、実施しておきたい対策です。

▼アシストグリップ+点火アシストレバーのセットがおすすめ

残念な点②鍋が大きいと、輻射熱が心配

熱した鍋から輻射熱が出るイメージ

大型のクッカーを使用する際には、注意が必要です。なぜなら、輻射熱がCB缶(カセットボンベ)に伝わり、最悪の場合は爆発する危険性があるからです。

この問題に対する対策として、「遮熱テーブル」を使用することをおすすめします。遮熱テーブルを使用することで、クッカーから放たれる輻射熱が、CB缶(カセットボンベ)に伝わりにくくなり、安心して調理することができます。

残念な点③調理器具が滑りやすい

五徳には滑り止めの凹みがありますが、それでも調理中にクッカーが滑りやすいです。

別売りですが、五徳やバーナーパットを準備することで、クッカーが滑らずに安定した調理が可能となります。

【SOTO ST-340】おすすめオプション・カスタムパーツ

SOTO ST-340のオプション・カスタムパーツは、純正品から社外メーカーの製品まで、販売されています。

ここではキャンプの前に揃えておきたいオプション、ドレスアップできるカスタムパーツを紹介します。

【定番オプション】アシストグリップ ST-3105

定番のオプション「アシストグリップ」の単品売りです。使用中の滑り止め、使用後熱くなったゴトク(脚)を誤って触れた際のヤケド防止の効果があります。

この商品は「新富士バーナー通信販売」のみでの販売になっています。
▶新富士バーナーオンラインストアへ

SOTO ミニマルワークトップ

SOTO ミニマルワークトップは、クッカーの輻射熱を防いだり、ボンベ上のデッドスペースを有効活用できるのでおすすめ。

脚が着脱式で、収納サイズがかさばらないので持ち運びもラクラクです。

出典:新富士バーナー

①輻射熱を防ぐ

②ボンベ上に作業スペースができる!

③着脱式で薄型収納に

④専用設計でタテにもヨコにもセット可能!

組み立て・収納方法

SOTO ミニマルワークトップST 3107の組み立て方法、収納方法の動画があります。購入を検討する方はチェックしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次